1. TOP
  2. 売却・買取の流れ/よくあるご質問

売却・買取の流れ/よくあるご質問

不動産売却の手順について

不動産売却を行う際の一般的な流れをご紹介します。

  1. STEP

    01

    ご相談

    まずは、お客様より売却する物件の内容、希望する価格、販売条件や売却についての
    質問・ご相談などをお聞きします。
  2. STEP

    02

    物件価格を査定

    お客様の物件について調査させて頂き、物件の価値、相場などを相対的に相談し、
    査定価格をご提示します。
  3. STEP

    03

    売却価格の確定

    当社から提示する査定価格、お客様のご要望をふまえ、売却価格を決定します。
  4. STEP

    04

    媒介契約の締結

    当社とお客様との間で媒介販売に関する契約を締結します。
    3種類の媒介からお選びいただきます、
    1.専属専任媒介契約
    2.専任媒介契約
    特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約です。
    この契約を結ぶと委任を受けた不動産業者は売買を行う相手を積極的に探す努力と、
    その業務処理状況を報告する義務があります。
    特に専属専任、専任媒介契約では、不動産情報雑誌等の媒体への優先的掲載など
    有利な売却活動を受けることができます。
    3.一般媒介契約
    複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼する契約です。

    ■媒介契約制度の違い

      複数業者
    との
    契約
    依頼者自ら
    発見した
    相手との
    取引
    指定流通
    機構への
    登録義務
    登録処理
    報告義務
    1.専属専任
    売買契約
    5営業日
    以内
    1週間に
    1回以上
    2.専任媒介
    契約
    7営業日
    以内
    2週間に
    1回以上
    3.一般媒介
    契約
    なし なし
  5. STEP

    05

    販売活動

    当社にて、インターネットや不動産情報誌など各種媒体へ情報を掲載し、
    売却条件にあった購入希望者を探します。
  6. STEP

    06

    売買契約の締結

    購入希望者が付いたら、代金の支払い方法、物件の引き渡し時期などの売買条件等を決めます。
    その内容に、双方が合意したら買主から手付金を受領します。
  7. STEP

    07

    不動産を引き渡す

    売買代金を受領すると同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。
    > 引き渡した後の税務申告などの手続きも漏れのないよう気を付けましょう。

よくあるご質問

不動産売却を行う際によくある質問まとめました。

Q どんな基準で売却を任せる不動産会社を選んだらいい?
売買物件(土地、一戸建て、分譲マンション)の集客、契約件数が多い会社を基準として下さい。
集客、契約件数が多いということは、お客様の物件も早期に売却できる可能性が高いということです。
契約数は営業社員数に比例する傾向があります。その点をチェックしてみて下さい。
Q 失敗する不動産会社選びとは?
上記とは逆に全国的な知名度が高くても、売却実績が少ない会社に任せると販売が早期にできないケースがでてきます。
営業社員数や有資格者数を確認するようにして下さい。
Q 査定額って、どうやって決まっているの?
これまでの成約実績をもとに算出するようにしています。
ただし、査定額は3ヶ月以内に販売できることを目安とした金額にするようにしています。
高めの金額で募集開始を行っております。
Q 他の不動産会社に任せていますが、なかなか売れません
多くの場合、お客様の物件と不動産会社の販売がうまくかみ合っていないと思われます。
複数の不動産会社にも相談して早期売却につなげていきましょう。
Q 長く住んできた家なので、購入する人はリフォームが必要と思われますが、売れますか?
多くの不動産会社の場合、そのまま売却することとなりますので売れにくいかもしれません。
しかし、当社の場合、中古物件を購入する際にリフォームをセットで提案するようにしていますので、
築年数が古い物件でも売却することが可能です。
Q 住み替えなどですぐに(1ヶ月以内)に売却したい、現金化したいのですが…。
お客様に仲介として販売する形式とは別に、当社が直接買取する制度を設けています。
ご相談の際は、買取希望とお伝え下さい。

住み替え先の賃貸物件もご紹介できます。お気軽にご相談ください。
Q 不動産を売る時に必要な費用はどれくらいかかりますか?
具体的な費用としては、1.)仲介手数料、2).印紙税、3.)司法書士費用等となります。
1.)仲介手数料―契約代金額に対して200万円以下の金額は5%、200万円を超え400万円以下の金額は4%+2万円、400万円を超える金額は3%+6万円となり各割合の金額の合計をした金額となります。
※仲介手数料に関しては、別途消費税が必要となります。

2.)印紙税―売買契約書等の文書作成者に対し課税されます。
但し売買契約代金額により印紙代金が異なります。
100万円 ~500万円以下・・・・・・1,000円
500万円 ~1,000万円以下・・・・5,000円
1,000万円~5000万円以下・・・・10,000円
5,000万円~10000万円以下・・・30,000円
以降詳細はご相談下さい。

3.)司法書士費用―ご所有の不動産に購入時の住宅ローンの抵当権が設定されている場合は、抵当権の抹消手続きが必要となる為、費用がかかります。又、それ以外に費用が必要な項目もありますので詳細は事前にご相談下さい。
Q 不動産を売却する時にいつ頃から不動産会社に相談したらいいのですか?
一般的には、6ヶ月前後位からご相談されるケースが多いです。

しかし実質的には、思い立った時にまず聞いてみるという行動が大事かと思います。
特に、昨今の相場は数ヶ月単位で地域により変動がありますので、
タイミングによっては良い金額で売却できるチャンスも出てまいります。

松山市での不動産買取は私たちにお任せください。
地域密着50年の実績を持つ三福グループの
三福売買ステーションが責任を持って
あなたの不動産を買取いたします。

閉じる
査定を依頼する
電話する